野口英世

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

野口 英世 (のぐち ひでよ、1876年 (明治9年) 11月9日- 1928年 (昭和3年) 5月21日 ) は、日本医師細菌学者。福島県出身。 主に黄熱病の研究を進めた。 1928年、黄熱病のため死去。

後に現在の1000札のモデルの人物となった。

関連項目[編集]